#ads.FMより
2019.09.20

北中学校3年 職場体験

No data 回視聴

9月2日から4日までの3日間、名張市立北中学校3年生が、地域の企業や商店などで職場体験学習を行いました。

アドバンスコープには津島愛結香さんと武藤大樹くんが体験に。

2日目にads.FMの仕事を体験してもらいました!

職場体験では恒例の、生徒2人で生放送のコーナーを担当してもらう企画。本番では堂々と緊張を感じさせず、楽しいトークを繰り広げてくれました!

2人に2日目を終えた感想を聞いてみました。生放送の様子は動画でぜひご覧ください。

■名張市立北中学校 3年 津島 愛結香

初めはとても緊張していましたが、いざ本番となると何かが吹っ切れて存分にふざける事ができました。結果、無事終わることができ、良い経験となりました。

実はこのFM放送が職場体験で一番の楽しみでもあり、一番の恐怖でもありました。

しかし、やってみるととても楽しく、放送の15分間が終わった後もまだしゃべれると思ったほどでした。今までアドバンスコープや、ラジオなどは自分には関係のない世界だと思っていましたが、このように貴重な時間を過ごして、案外身近なものだな、と感じました。色々な方との交流が出来て楽しかったです。

テレビに友人の姿が映ることもあって非常に面白かったです。

■名張市立北中学校 三年生 武藤大樹

職場体験の生放送の練習では話し方を教わったり内容のアドバイスをしてくれたりして気を付けなければならないことが多いと思い、本番では生放送を通して話の終わり方が難しく感じました。また、友達と話すみたいな感じで話せないので話が止まりそうになり、より難しく感じました。

でも、学校では話せないことを話したり自分が好きな音楽やバスケの話ができて楽しかったです。

ads.FMの中は思っていたより機械や洋楽から邦楽までCDが多くて驚きました。また、タブレットなど仕事の効率を上げるようなものが多く感じました。そして仕事内容、は見る限りパソコンの仕事が多く感じました。

戻る